花王 生物科学研究所

出展展示会
スマートアグリ技術展
ブースNo.
B9-05
出展者
花王 生物科学研究所
出展製品
【穀物の早期収量予測プログラム】
播種後、2-4週間程度の若い植物体の葉の一部を採取して代謝物解析を行うことで最終的な収量を予測するプログラムである。対応穀物:ダイズ・イネ・コムギ・トウモロコシ。
ブースのみどころ
デジタル化は農業を大きく変えようとしています。スマート農業では、デジタル技術革新と従来技術との融合が重要です。私たちは植物の膨大な生体情報を生育の極めて早い段階の葉一片から読み取ることで数ヶ月後の最終的な収量を予測できる技術を確立しました。様々な形質のスマート育種でも重要となる収量性の確保、農業資材開発の加速効率化、および農業生産における増収などに貢献するものです。技術の用途拡大および技術利用におけるパートナーを募ります。ぜひ、ブース【B9-05】までお越しください。また本技術内容についてはプレゼンテーションセミナー【A26-1】でもお話いたします。そちらもぜひご参加ください。
URL
https://www.kao.com/jp/

上記情報は来場者に製品情報を提供する目的で掲載しています。それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載することを固く禁じます。